協会の概要 栃木県不動産鑑定士協会

kaichou
HOME > 協会概要 > 会長挨拶

不動産鑑定士協会の概要

 
  トップ
  会長挨拶
  事業目的及び事業内容
  業務のご案内
  組織図
  事務局のご案内
  情報公開
 
 
 
無料相談会
 
 
資料の閲覧
 
不動産鑑定広報 マロニエ
 
 

栃木県不動産鑑定士協会

 
〒321-0953
栃木県宇都宮市東宿郷4-2-20 KDビル 5F B号
TEL : 028-639-0556/FAX : 028-639-9411
 
 
 
 
 
 
 
社長の写真
平成27年6月吉日
公益社団法人 栃木県不動産鑑定士協会
会長  伊矢野 忠寿
   

  今年度より会長に任じられました。私で6代目となります。
  当協会は、栃木県内において唯一の、不動産鑑定士で構成される団体です。不動産鑑定評価制度を通じて、地域における公益的社会貢献を履行することを目的として活動を行っています。

 社団法人として昭和61年に5月に設立され、平成25年4月に公益社団法人へ移行し、平成28年には創立30周年を迎えます。その間、いわゆるバブルが起こり、そしてバブル崩壊。失われた20年と言われる期間を経つつ、リーマンショックや東日本大震災もありました。

 現在はアベノミクス効果により、大都市圏では地価上昇が始まっており、栃木県内の地価水準も見極めが重要な時期に入っています。地価水準の指標となる地価公示等、公的な評価は不動産鑑定士の共同作業です。協会においても会員同士のコミュニケーションを更に緊密にできるように努力しなければなりません。また不動産鑑定評価基準の度重なる改正により、会員が適正な鑑定評価をできるような情報提供も必要になってきます。そして周年事業に、将来を見据えた新規事業。

 歴代の会長が「大変」だった様に、今度の会長も「大変」な様ですが、それは「やりがい」という言葉に置き換えたいと思います。

 不動産鑑定評価制度の発展と社会へ貢献するための公益事業としては、広く一般の皆様を対象とした「無料相談会」を、県内各地域において年に数回行っている他、「公開講演会」も開催しています。また不動産に関連する資料の収集・研究等を行い、成果物を発表しております。公益社団法人栃木県宅地建物取引業協会と共同で行っている「不動産市場動向(DI)調査事業」はその一つです。その他にも、鑑定評価制度の普及、啓発事業を行っています。

 今後もさらに公益事業を充実し、これらの活動を通して県民生活の向上及び国土の健全かつ均衡のある発展に貢献していく所存です。

▲ページトップ